Animation - Die Krabatsage 

Heiko Fritz
Der „Schwarze Müller“ und Krabat

ハイコ・フリッツ
「黒い製粉職人」とクラバート

「黒い製粉職人(Schwarze Müller)」とは、不思議な力をもつ人物、ある
いは黄泉の人物が発展したものであり、後にキリスト宗教化が進むと魔
法使いとして認識されるようになりました。魔法使いのことは当時、
「黒い魔術の名人」とも呼ばれていました。「黒」とは、その目に見え
ない奇跡の数々が、宗教界における光溢れる奇跡と対比されたからで
す。
「黒い製粉職人」という表現の成立もこの意味において理解することが
できます。黒い製粉職人は、職人としての製粉職人、つまり、白い小麦
粉を製粉することによって、人々に日々の糧を保証した人々の反対概念
と考えられていたのです。数世紀前まで、小麦粉はふんだんにありませ
んでした。人々は生命を脅かす飢えと常に隣り合わせであり、当時、小
麦粉は今日とまったく違う価値を持っていたのです。
民話の中の人間は、黄泉の力に遭遇することを極度に恐れる存在として
描かれています。また何度も人間は黄泉の力に打ち負かされています。
そして民話はすばらしい事件が失敗したことを記録しています。
民話の中の登場人物は実在した人物、ちょっと風変わりで、人々の記憶
に残っている人物をモデルにしていることが多いものです。クラバート
(Krabat)という登場人物もその一人です。クラバートのルーツはヨハン・
シャドヴィッツ大佐で、17世紀終わり頃グロース・ゼルヒェン(Groß-
Särchen)に実在した人物です。異国の出身であること―彼はクロアチア
人だった―プロテスタントの村であるグロース・ゼルヒェンで、カトリ
ック教に改宗しようとして失敗したこと、ひょっとしたらその善行など
が、無数の人間の中から彼の存在を特別なものにしたのかもしれませ
ん。こうして、クラバートが次の世代でも記憶に残る結果となったので
す。彼のエピソードについての記憶は時を経て伝説となり、こうしたお
話が一般伝承のモチーフとともに蓄積されてきたのです。
19世紀、20世紀にクラバートについての複雑に絡み合った言い伝えが文
書化され、その中でクラバートは邪悪な力に打ち勝つ正義の味方として
描かれるようになりました。宗教の世界では魔法使いの学徒が最後には
キリスト教の教義に目覚め、最後には魔法と縁を切るというストーリー
となっています。後にクラバートの言い伝えは、人間の日常生活に直接
入り込んでくるようになりした。魔法学校は「黒い製粉所(Schwarze
Mühle)」になり、暗黒の魔術の数々は愛という光溢れる魔法によって置
き換えられてしまったのです。


Kinofilm-Trailer hier klicken: Kinowerbung

Mirror: Trailer für den neuen Krabat Kinofilm


 

SWBerlin

Krabat-Filmprimäre in Berlin
b2
Der Krabat aus der Sage


b1

Krabat und der
Schwarze Müller

SWJapan

Kioto grüßt Schwarzkollm